ネットの海の片隅で漫画を読みつつ独り言

漫画の感想をダラダラ書いてます。ネタバレに注意。更新はスローペースです。

僕だけがいない街 9巻感想


完結後に外伝が出ると、後日談かなっと思ってしまうのは、自分だけでは無いと思う。
ちょっとで良いからさ、元気にしてる姿が見たいなとか。
言っておくが過去の話も大好きだぞ、ただ後日談の方がもっと好きなだけで。
その事を前提として、最初に表紙を見たときの感想を言おう。
『帯が無かったり、表紙だけ見て粗筋を読まずに購入する人は、続きだと勘違いするかもな』だ。
自分が、勘違いをよくするので、そんな結論に至っただけだ。
深い意味は無い。

さて本の中身に移りましょうか。
内容としては、主人公以外の視点で語られる短編ってやつやな。
基準となるのは、ケンヤとアイリと佐知子さんと雛月、この四名か。

最初は雛月からやね。
四名の話のなかで、この話が一番胸に来た。
正直言って自分、ケンヤと佐知子さんの話が読みたくて、この本購入したんよ。
そのせいか、油断して不意打ちを食らった感じ。
読んで思わず涙ぐんでしまった。
雛月、頑張ったな。
もしも、自分が同じ様な立場だったら、どうするだろうか。
多分、毎日会いに行くと言いつつ、適当な理由を探して行かなくなるだろうな。
自分可愛さの現実逃避ってやつをする、多分だが。
それ考えると、ほんと雛月(他の人もだけど)強いよな。
あと話は変わるが、個人的に少し物足りないと感じたとこがある。
最後のほうにある、佐知子さんの手紙の文面の後なんだが。
出来れば後数ページ欲しかったなっと。
個人的欲求でした。

次はケンヤの話……なんだが、その前に。
自分のケンヤに対する、最初のイメージを書いとこう。
大人びてる、観察眼が鋭い、協力的すぎる、怪しい。
単語を並べただけだが、こんなイメージだった。
だから最初は、ケンヤの事を犯人に繋がる人物か、真犯人だと思ってたんだよな。
もちろん大外れ。全くの見当違い。
まあ、そんなんだったから、帯に書かれてた言葉に興味を持ったんよ。
「ケンヤはなぜ悟に協力したのか?」って文字に。
これが購入目的の一番。
で、実際読んでみた感想は、「しっくり来た」だった。
この話で、ケンヤの生活環境や過去の経験を見れたお陰だよな。
ついでに、今回掲載された話の中で、ケンヤの話が一番好みだった。
ケンヤ視点で事件に迫る話を、もっとじっくり読みたかったな。(3冊ぐらいで)

次は佐知子さん。
この人の話も楽しみだったんだよね。
理由は単純に好きだから。
佐知子さんに対する自分のイメージは、強くてカッコイイ謎の人だったりする。
それが今回、日記形式で色々と吐露される事で、もっと身近になった気がする。
思ってたより妖怪ではなかった。
観察力が優れてるのは確かなんだろうけど、相手を思いやってるからこそだろうな。
やっぱ凄いな佐知子さん。

最後はアイリ。
8巻での最後の方での、二人の再開シーン。
個人的には、普通に「良いなジーンと来る。感動や。」って思ってたんだよな。
それが今巻の帯に書かれてた文字読んで、何かあるんかなって気になったよ。
何か特別な事情か何かが有るのかなって。
でも、実際読んだ感想としては、ちょっと違う気がした。
アイリが悟に話しかけた動機は分かったんだけどな。
「アイリと悟はなぜ再会できたのか?」の答えとしては、余りしっくり来ないかな。
個人的には今までと同じで、「二人には縁があったんだな」って感想で良いかなと思っている。

以上、四名の話の感想を、ちょこっとづづ書いてみた。
読み終わって思った事は、やっぱり後日談も読みたいなってこと。
綺麗に終わった話だから、その後に関しては、そっとしておく方が良いんだろうが。
続き番号で外伝が出版されると、どうしても期待してしまう。
あと一冊、もう一冊って感じでさ、出てくれんかなって。
そう願ってしまうのであった。

僕のヒーローアカデミア 13巻感想


おお、今回の表紙はデクと爆豪やな。
この二人が並んだ感じ、色使いとか2巻みたいだな。
まあ、2巻は対立ってイメージだったけど、今回はちょっと違う気がする。
赤い背景色から、闘争って感じがするのは同じなんだがな。
でも何つうか、スタートラインって言葉が浮かんだんだが、何でやろ?
やっぱ今回の話が、試験の続きだけん、単語のイメージとか色々混ざったんやろな。
だからどうしたって話ではあるが、何となく言いたかっただけ。

さて気を取り直して、内容の方行きましょうか。
最初の方で気になったんは、要救助者のプロ「HUC」の皆さんやね。
あれって、スタントマンと教習指導員を足したような職業だよな。
気になりだしたのは、子供役の「呼吸の数もおかしいだろォ⁉」のセリフあたりから。
「おいチョイまて。呼吸か?呼吸まで変えてるのか?演技派やな。それに血糊はエエとして。涙は本物か?目薬じゃ無いよな。スゲー大物俳優みたいやな。その上、眉間にしわ寄せながら号泣しつつ、教育的指導まで行ってる。オゥ、まさにプロ!」
ちょい長くなったが、脳内の叫びでした、以上。

もう一か所、HUCで気になったとこがある。
お茶子が瓦礫に挟まれた人を助けようとした場面。
あの瓦礫って本物だよな、爆破して作ったヤツやし。
あれ見て思ったん。
HUCの人達って、今回のような試験や訓練などで、引っ張りダコって書かれてたよな。
てことは、未熟な人を相手にする事が、多いんじゃないだろうか。
なら相手の判断ミスで、大惨事になる事もあるのではって。
いちを言っておくが、怪我のことを心配してるわけでは無い。
何と言っても引く手数多のプロだし。
気になったのは、どんな「個性」を持ってるのだろうって事。
超一流のプロならば、万が一の事を想定してるだろうし。
瓦礫に挟まれても助かる「個性」って何だろなって。
「気化」とか「同化」とか、そんなのが有るかは知らないが、確実なのは「硬化」か。
HUCのメンバーの大半が、「硬化」みたいな能力持ちだったら面白いよな。
どこかで「〝個性〟ダダ被りかよ‼」って聞こえてきそうだ。
まあ、完全に妄想なんだけど。

何か前半だけで、かなりダラダラ語ってしまった。
なので、後半は軽く流します。(予定)

それでは次の話題に。
あの士傑の女の人、トガちゃんだったんやな。
それは良いんやけど、問題は血の方。あれヤバイよな。
なんか最悪のタイミングで、内部分裂を誘うために使われそう。
もしくは脳無みたいな改人の材料になったりして。
どうなるのか楽しみやな。

ほな次は、オールマイトとオール・フォー・ワンの面会の場面。
正確には、その時のオールマイトの服装の意味やな。
何だかこれって意味深っぽいけど、自分の中での予想が纏まらん。
ブカブカのコスチュームでの面会。
コスチュームである事に意味があるのか?
ヒーローとしてか、オールマイトとしてか。
見栄は多分違うと思うが、相手に対する無言の意思表示か?
でも情報遮断の事は聞いてるだろうし、その一環としてだろうか。
しかし相手は、かなり正確な予想を立てれるしな……。
他にも色々ありそうなんだが、どうだろな。
まあ、本当はもっとシンプルな理由かもしれんし、思いも寄らない理由かもしれん。
こういうのは、答えを知らないからこその楽しみ方だよな。

最後は爆豪がデクを呼び出すとこ。
最初の方は、とうとう確信したか爆豪はスゲエなって思いながら読んでたんだよな。
あと、戦闘カッコええなとか、シャツのシーツの文字が気になるとか思いながら。
でも、最後あたりで出した結論の一つに、かなり胸をうたれた。
あの「俺は……オールマイトを終わらせちまってんだ」ってセリフ。
咆哮するような吐露。その後のデクの表情。
そして止めが「どうすりゃいいかわかんねんだよ‼」の一言。
爆豪、こんな事考えていたのか……キツイなこれは。
この戦いが彼の救いになる事を祈って、次巻を待ちたいと思う。

僕のヒーローアカデミア 12巻感想


さてと、今回は必殺技の習得からやな。
やっぱ、ヒーローと言えば必殺技だよな。
物語の山場で使うお約束。
どんな強敵相手でも、逆転劇に持ち込める伝家の宝刀。
戦隊モノやロボットモノ、他にも色々あるほどに、必殺技は王道要素の一つじゃないだろうか。
ついでに、漫画読みながら自分が最初に思い浮かべたのは、時代劇の水戸黄門だったりする。
最初の先生方の説明のとこで、なぜか印籠と平伏する悪役の姿が浮かんだんだよな。
あれってある意味、強力な個性と言えなくもないかな?

ちょっと話がそれたので元に。
さてと、雄英での必殺技習得方法だよな。
まあ、当然言えば当然なんだが、伝承系じゃなくて自己研鑽系。
先生方が完全サポートしてくれるので、最高の環境で取り組めます。
技を自分で編み出すのも、卒業後のことも考えての事だろう、きっと。
流石一流の学校、至れり尽くせりで良いね。
それにしても、この世界の先生って、本当に指導が大変そうだよな。
こんだけ個性が違う世界だと、その対処法も免許習得の必須科目になってそう。
若いうちは特に、色々なとこで暴発してそうだからな。
対処知らなきゃ命に係わる。

さて、先生の話は置いといて、生徒達に視点を移そう。
生徒達の技習得の進展具合だが、概ね良好って感じだな。
中盤あたりのページから、全員じゃないけど、成果が見て取れる。
まあ、見せ場が駆け足だったり、ワンカットのキャラもいたが、それでも色々想像できて面白い。
でもやっぱ、自分の一押しはデクだよな。
必殺技ってよりは、進化の途中って感じではあるが。
技のスタイルを、腕主体から脚に変更したのが、個人的には楽しみだったりする。
今後、曲芸的な戦闘スタイルになるのかなってさ。なって欲しいな。
変化に富んだ戦闘って見ていて楽しいし、華やかだから好きなんだよね、自分。
まあ、なかには目が疲れたり、気持ちが置いてけぼりになるのも有るが。

あとは、必殺技以外で思った事を、つらつらと書いていこう。
まずは、士傑高校のコスチューム。
全体的に、帝都ってイメージがするのは、自分だけだろうか。
それはさて置き、あれって凄くカッコイイな。特に夜嵐のやつ。
あの首回りとか、片腕だけゴツかったりとか、すっげえ自分の好みだ。

次に、士傑高校の女の人の個性の話。
といっても、あくまで想像(妄想)を元にした与太話。
お茶子に変身した際なんだが、コスチュームは自身の肉体で出来てたって事だよな、多分。
なら、デクと最初に接触した際のコスチュームはどうなんだろうか。
最初っから能力で出してたのか、それとも物陰で急いで脱いで、お茶子に変身したのか。
後者なら仕方がないので、まあいいかって感じだが。
前者なら、変身を解いたときに、服を着た自分自身に変身すれば良かったのではと思った。
慌ててたのだろうか、それとも気にしないタイプなんだろうか。
まあどっちにしろ、あの女の人の個性って、風邪を引いたりお腹を壊したりしそうだよな。
そんな、どうでもいいことを考えてた。

最後は爆豪について。
後ろの方のページに載ってる、「〝借り物〟…自分のモンになったかよ」の一言。
本当に爆豪て、普段の言動や行動から想像しづらいが、聡いよな。
前巻で、オールマイトの放送を見てるデクを、じっと観察してるようだったけど。
やっぱこれって、オールマイトとデクの関係を、確信してるって事なんだろうか。
あれって確か、一部の人間にしか知らされていない、極秘事項だよな?
爆豪、ますます危険な立場に追いやられてないか?
秘密を知ることが、良い事に繋がるのか、それとも悪い事に繋がるのか……。
まだ爆豪の、闇落ちの可能性を捨てきれない、自分であった。