ネットの海の片隅で漫画を読みつつ独り言

漫画の感想をダラダラ書いてます。ネタバレに注意。更新はスローペースです。

白暮のクロニクル 7巻感想

 

 こんにちは。今回も「白暮のクロニクル」の感想です。

 

まずは表紙の話。
今回は、襟巻まで巻いて、完全に冬って感じの服装やね。
「羊殺し」の起こるクリスマスまで後わずか。
遠回しに「焦れ焦れ、すぐそこまで迫っとるで」て言ってるみたいだ。
まあ、半分以上思い込みやな。
まだ6月やのに自室が暑くって、冬服が印象に残っただけかも。

 
さあ、内容の方に移りましょうか。
最初の方で印象に残ったんは、雪村の伏木家訪問やな。
P16の状況。出迎えから数分掛かったとしても、約10分間無言やったんやな。
雪村にしろ、あかりの父親にしろ、複雑な心境なんだろうな。
父親が実母の事を考える時は、亡くなった育ての親との思い出と重なるだろうし。
雪村からしたら、もしかしたら負い目みたいなのが、有るのかも知れんな。
自分の事がなけれは、棗が事件に合うこともなく、父親も棗の元で暮らせてたかもって。
勝手な想像ではあるが。
何はともあれ、二人の初顔合わせは、穏やかに進んだのは良かった。
(雪村は棗の事で、直ぐに熱くなるイメージが有ったので。)
そういや前回の感想に、あかりが棗の血縁かもって告白した事、書くの忘れてたな。
話の流れであっさり告白してたから、感想書くときには頭から抜けてた。
もっと盛り上げた感じのとこで、バレると思ってたんだけどな。
まあ、このサラリとした感じも作者らしいよな。
 
前回の事は置いといて、7巻の感想に話を戻します。
この巻は全体的に、あかりが凄く頑張った印象があるな。
台本を得るためのアイディアとか。
事件に関して積極的に情報収集してたりとか。
特に、P179あたりからの犯人との直接対決。
殺人犯だと思う男性に、一対一で挑むなんてな。
正直、無謀だなと思う反面、潔くて良いなっとも思った。
特にP183からの会話と、それを録音してた行動が凄く恰好よかった。
 
次は、あかりの行動の流れから、鳥飼の話に移ります。
P194とP195の見開きで描かれたシーン。
何というか、2時間物のサスペンスドラマとかでもよくあるよな。
犯人が逃げる際、屋上に行ったり、崖に行ったりってやつ。
実際の現場では、そんな行動をする犯人なんて、そうそうに無いらしいけど。
でもやっぱ、物語上の行動としては良いよな。
見栄えも良いし、盛り上がり感が違う。
特にP199の両手を広げて後ろ向きに倒れるシーン。
この行動とセリフを読んだ後だと、鳥飼のイメージが可なり変わった。
さっきまで小者のように感じてたのに、一気に重要人物に見えてくるから不思議だ。
それにしても、「僕もまぎれもなく羊殺しの一人だからさ。」ってセリフ。
あれも意味深だよな。
「羊殺し」は単独犯じゃ無いってことだろか。
グループ犯って事だろか、それとも継承式って事だろか。
それと最後の非通知の電話も気になるな。
グループ犯なら、主犯からの指示とかだったんやろか。
謎やな。
 
次は、鳥飼のスマホ繋がりから竹之内の話。
一番気になったんは、P204の最後のコマ。
あれって、どういう事なん。
まさか裏で事件を操ってたとか……違うよね?
でも、P132で鳥飼と会ってたり、P201で計ったように現れたり。
信じたい、信じたいがしかし……。
何だか、怪しい人物がドンドン増えてくな。
 
最後に、P69で思ったどうでもいいこと。
人の血を吸う理由として、トロいことを上げてたよね。
それ読んだときに、捕らえ易さを抜いた場合の事を考えたんよ。
どの種類の生き物の血なら、欲を満たせるのだろうかなって。
爬虫類とか両生類はどうだろう。スッポンとかさ。
魚類は……無理だろうな。
もし大丈夫なら、普段から欲は満たせてそうだし、とか。
海にも哺乳類いるよな。
まあ、他国から色々言われそうだが、とか。
そんな事を考えてた。それだけの話。
 
今回はここまで。次回は別の作品の感想を書きます。
次の作品でも好みが一致することを願って。
それではまた。

白暮のクロニクル 6巻感想

 
物語の始まりは、まず死体描写から。
うん。ミステリー漫画あるあるは置いといて、今回も「白暮のクロニクル」の感想です。
書くのは6巻のみ。纏めて書こうかと思ったけど止めました。
数冊分だと、ちょっと長くなりそうだったので。
そんな訳で、一冊づつダラダラ書いていきます。
 
さてと、今回最初の被害者は女性やね。下半身血まみれでハエが飛んどるわ。
ハエか……、まあ暑い季節みたいだしな。
あっという間に虫が湧くのは、普通なんだろうけど……。
これ、部分拡大して描かれてなくてホント良かったわ。
芋虫系とか飛んでくるヤツとか、あとウジャウジャ群れてるのとか苦手なんよ。
たとえ漫画でも、鳥肌が立つときは立つんよね、やっぱ。
話がそれてる気がするんで、虫の話はここまで。
 
最初の被害者の話に戻します。
この手の話で、腹部損壊の女性死体があると、犯人って同性かなと考えてしまう。
不倫とか子供関連とかで、恨みや嫉妬で相手の女性特有の部位に攻撃する的な。
何とも恐ろしいことだが、そういう展開って割合有るよな。
だからさ、思わず想像がそっちに行ってしまうんだよね。
まあ、そんなん考えるんは、自分だけじゃ無いと思うが。
てな訳で、今巻は女性が犯人に違いないと、言いがかり的な読み方をしました。
実際の予想が当たったかは、ご存知の通りって事で。
こういうのは、予想が当たっても外れても面白いよな。
一先ず、読み始めて最初に思ったんはそんな事やね。
 
次は、内容とは関係ないけど、好きなシーンの話。
それは4話の始め、P60の公園での資料受け渡しのとこ。
ここの雰囲気が気に入っている。
演劇とかで表現しても良い感じだろうな。
時間帯は夜。場所は公園にある舞台。一人は舞台上、一人は客席側。
それぞれの立ち位置とか、身体の向きとか、何か良いよな。
会話も、身体を向き合わせないまま、ズレた状態で続けてる。
意識を向ける際も、片や視線のみって状態。
この微妙さが、心情を表してるみたいで好みだ。
その後、一人は舞台から姿を消し、一人は残ってタバコを吹かす。
虫の音のみが響く中、残った一人はタバコの煙を吐くように、意味深な一言を漏らす。
そしてスポットライトを消して暗転、と。
うーん、勝手に脳内補完してしまった気もするが、カッコイイよな。
 
あと一つ、好みの表現のとこがあったな。
それは6話の最初の方。
時代や場所、登場人物が入り混じって、会話を続けていくって表現。
たまに見かける描き方だけど、あれって考えるの難しそうやなっと思いながら読んでる。
場面を移すタイミングとか、人物同士の整合性とか、自分なら頭こんがらがるな。
だから、流れが綺麗に纏められてるなと感じる作品は、本当に凄いなと感心してしまう。
 
次は気になった人物に行きましょうか。
その人物はズバリ、入来神父です。
この人は怪しい、物凄く怪しい。
紫堂を匿ってたのもそうだが、あの「大きな羊は美しいのですよ。」ってセリフ。
何、この如何にも疑って下さいってセリフは。
途中途中の表情も、意味深っぽく感じるし。
まさか羊殺しの犯人なんだろうか。
怪しすぎて、作者によるヒントなのか罠なのか区別が付かない。
一先ず、この人に関する判断は保留ってことで。
 
ちょい長くなったので、今回はここまでにします。
早よ続き読みたいし。(6巻読んだ段階で、読むのストップして書いてます。)
次は7巻の感想予定です。それではまた。

白暮のクロニクル 1~5巻感想

 

今回は「白暮のクロニクル」を、1~5巻まで纏め読みする事に。
完全に衝動買いだけど、この方の作品は好みなのが多いから、多分大丈夫だろう。
帯にはミステリーと書いてあったが、どんな物語なんだろうな。
でも、この表紙から想像するのは難しいな。
時代もよく分らん。近未来(宇宙人)っぽくもあるし、レトロっぽくもある。
5冊とも表紙に載ってる男性も、どんな人物なんだろうな。
1巻だと殺人鬼っぽいが、4巻だと探偵っぽいんだよな。うーん。
とまあ、表紙見た段階での感想はこんな感じやな。
 
さて次やね。
次は話の感想やと言いたいが、その前にどうでもいい話をちょっと。
今回の作品を購入することに決めた切っ掛け(連想?)を書いとく。
数日前の事、自分のブログの参考にしようと思って、サイト巡りしてたときの思考。 
 1.ブログって写真とかがあると華やぐよな。⇒
 2.写真と言えば、お店でフィルムみかけなくなったよな。⇒
 3.フィルム写真か……、「究極超人あ~る」を久々に読みたくなったな。⇒
 4.いややっぱ、同作者の読んでない作品を読もう。(完)
だいぶ端折ったけど、こんな感じで決めました。
深い意味は無い。ただの脱線話です。
 
こっからは本題の感想に移ります。
最初は、ミステリーって文字に身構えてたけど、想像してたのとはちょっと違った。
一応言っとくが、悪い意味では無いから。
自分が1巻の帯から想像してたのが、愛憎渦巻く血みどろ殺人劇だったてだけの話。
例え違ったとしても、もっと暗い話だと思ってたんだよな。
でも実際、血しぶきとか死体とか、それなりの頻度で登場するのに、何故かゆったり気分だったりする。
何というか、作品の空気感がいつも通りと言いましょうか、読み慣れたテンポやね。
夢オチのところとか、ニヤニヤしつつ安心する。流石というか不思議だ。
 
全体の雰囲気は置いといて話の方やね。
流れとしては、本命の大きな謎があって、その真相に迫る傍ら他の事件を解決していくってタイプだと思うんだが。
まだ序盤のせいかね、謎解きのピースが少しは有るよって事しか分らん。
それに今んとこ、真相に迫る物語ってより、オキナガが存在する社会の物語って感じが強い気がする。
まあ単純に、自分の目がそっちに行ってただけかもしれん。
自分の中で一番印象に残ってた話が、5巻の面会のところなんだよな。
P155~P156の親子のセリフと表情が何とも。あれは辛いだろう。
その後の借金取りのとこは、ちょっと笑った。何だか有りそうだなって。
あと、P162のヨゴさんの立ち絵も印象的だったな。檻にしか見えん。
その流れで、オキナガの二百年ウツ期のことが言われてたけど、あそこで思わず十二国記を思い出してしまった。
長く生きるからこその、陥る病ってやつやな。
 
さて、ちょいと長くなったので、ここらで締めましょうかね。眠いから。
かなりザックリとした感想になったが、近日中に続き購入するつもりだから、まあいいかって事で。
一先ず10巻まで出版されてるみたいやし。
間が抜けてなければ、また纏め読みしようかな。
物語としては、こっから加速していくんだろうか?
何だか同じテンポな気もするが、どっちにしろ楽しみやな。
ほな、おやすみなさい。