ネットの海の片隅で漫画を読みつつ独り言

漫画の感想をダラダラ書いてます。ネタバレに注意。更新はスローペースです。

綺譚倶楽部 シリーズ感想

 

今回の感想は「綺譚倶楽部」シリーズだ。
とは言っても、もう何度となく読み返しているからな。感想ってよりは思い出話?
でもまあこの前、夜桜を見てから読み直したくなったんだよな。
夏の夜に合う作品だけど、夜桜にも合うよな、個人的感想だけど。

そんな訳で、発掘作業すること数日。
一先ず手持ちにあるのは全部見つけた。持ってるもん書いとくな。
綺譚倶楽部 春、夏、秋、冬
綺譚倶楽部 ネムキ編 1~2巻
綺譚倶楽部 帰之章 1~2巻
他のは文庫本買うときに手放したんよな。
ボロボロやったし、全話載ってると思い込んでたしな。実際は違ったけど。
まあそのうち復刻版が出ることを願っています。
ついでに画像の本がもっとも発行日が新しいやつ。それでも五年前なんだよな……。
気長に待ってるから、いつか新刊出て欲しいな。ホンマな。

さて感想だが、正直言って「面白い。最高!愛してるー!!」で終わるんだよな。
基本一話完結の奇譚もの。ジャパニーズホラーが好きな人ならハマルんじゃないかな?
あと自分だけかもしれんが、色気を感じる作品だと思う。
それにしても本当に続き出んかな。
最新刊でやっと雅夢の謎がチラっと判明したと思ったら、そっからお預け状態なんだよな。
いやまあ、謎とは関係ない普通の話も面白いから好きなんだけどさ。
読み返してると、新しい話も読みたくなるもんだよな。そういうもんだよな?
きっと同意してくれる人は多いはずさ。