ネットの海の片隅で漫画を読みつつ独り言

漫画の感想をダラダラ書いてます。ネタバレに注意。更新はスローペースです。

ばらかもん 12巻感想

 
こんばんは。今回の感想は「ばらかもん」の12巻です。
でもその前に。
この作品を、読むに至った切っ掛けを書きたいと思います。
そんな訳で、まずは思い出話を数行。
 
結論から言えば、アニメの方でハマリました。
放送終了から数年たってから、偶々何となく暇つぶしで見たんよ。
そしたら、物凄く心を鷲掴みされてしまった。
何気ない日常なんだけど、ほっこりして癒されるん。
子供たちは超絶に可愛いし、大人たちの寛容さというか人情味。
ホンマよかったー。
あと方言が近いから、親しみを感じたってのもある。
そして、ハマった人間が陥る行動として、原作を読み始めたって訳さ。
ついでに、1巻を読んだ時の最初の感想を書いとく。
それは、「先生の髪、キューティクルやね。」だった。
まあ、絵柄が後々変わることは、よくある事やからね。うん。
 
さて気を取り直して、ここからは12巻の感想になります。
では最初の方から順番にいきますかね。
まずは、二年生になる前に一人称を直しましょうって話からやね。
確かに一人称が名前ってのはな。
小さい頃は可愛いと思うけど、先々のこと考えると大切なことだよな。
こういう事気に掛けてるとこ見ると、教頭も教育者なんやなってしみじみ思う。
普段の言動からは実感できないが。
それにしても一人称か……。
あれって、変更するってより追加するって感じだよな。
そう思うのって自分だけだろうか。
何かドハマりする漫画が増えるたび、自分の一人称も増えてる気がする。
気のせいだろうか……。
 
次は、ダッシュ東野はマッシュだった件。
これに関しては、やっぱそうだよなって感じやね。
はんだくん」を読んでるから、不思議だったんだよな。
あのギザギザした子が、何を如何したらここまで(表面的にも)丸くなるのかって。
まあ実際は、他人なんだから違って当然やねって話。
 
そしていよいよメインの話。父ちゃん登場の巻。
今回の表紙に、知らんキャラが載ってたから、誰やろな思ってたんよね。
で、読み始めてビックリ。なるの父ちゃんやったんやね。
てっきり、両親共に天に召されてると思ってたが、違ったな。
まあ、生きてたんは良かったけど、なるに対する態度が、うーん?って感じやな。
何やろな、この木の陰からそっと見守るような行動は。乙女か。
 
そんな父ちゃんの、自分の中での勝手なイメージを書いてみます。
本当に何となくなんだが、取り繕いが上手そうだなって。
だから、色々胡麻化されそうだけど、本質的には優しくて繊細なタイプかな。
何か、Act.91の真ん中あたりの、先生と会話するとこ読んでたら、そんな気が。
だって、喋り始めた頃の子供の行為を、数年経っても引きずってんだよ。
思わず「男の心は硝子で出来ている」って言葉を思い出してしまった。
あと、「めんどくさか」とか言いながら、コッソリ子供を見守ってるし。
その言葉を漏らした時も、浮べた表情が言葉と合ってなかったり。(諦め顔?)
その後も、突き放すようなセリフ言うくせに、物凄く楽しそうに缶蹴りするし。
掴めそうで掴めない。本当にややこしか人やな。
でも、Act.92の先生との会話で、本音を大分聞けた気がする。
誤魔化しも、相手を思っての優しさからみたいだし。
何か、直球タイプが多い島の人の中では、ちょっと珍しいタイプかな。
 
続けて、なるの父ちゃんで気になったとこ。
Act.91のカップ麺を食べてるとこで、父ちゃんが小指立ててたしょ。
アレって薬指を立てて、結婚指輪の事を言いたかったのかなと思って。
それなら、会いに行く相手って、なるの母ちゃんかなっと。
勝手な想像だけど、そうだったら良かな。
何らかの理由で会えないとしても、生きててくれれば、きっといつかね。
なるの笑顔が見たいしね。
 
なると言えば、今回もっとも金星をあげたい人物やね。
一番印象に残ったんが、Act.92でバスを見送った後の会話なんよ。
本当に子供って、何時の間にか色々観察してるし、場の空気に敏感だよな。
で、大人が思ってる以上に、気を使ったりするんだよ。
だからこその「喜ばないともう来てくれないんだよ」なんだろうな。
普段元気な子が、涙目で語るんだもんな。胸が締め付けられるごた。
そんで次のページでの、あの後ろ姿。
あれを見たらさ、今すぐ駆け寄って、ギュッと抱きしめたくなったよ。
でも実際は先生が傍にいて、涙がぶっ飛ぶぐらい、強く励ましてくれたから。
「安心しろ」の後の、なるの笑顔が凄く眩しかったな。
 
最後にどうでもいい話を一つ。
先生が貰ったクリスマスプレゼントの話。
高級な墨って金額どんくらいかなと、ちょっと気になって検索してみた。
結果、物によっては諭吉さんが、マイムマイムを踊ってました。
うわー、確かにこれは使えない。親バカを否定できないな。
チャンチャン。
 
長くなりましたので、今回はここまでにします。
ではまた今度。お休みなさい。